"政治"の記事一覧

イラン大統領選結果

 エブラヒム・ライシ前大統領が搭乗していたヘリコプターの墜落により先々月(2024年5月)19日に死亡したため、イランでは急遽大統領選が行なわれ、先月18日に投票が、今月5日に決選投票が行なわれました。とくに独自の知見を提示できるわけではありませんし、イラン政治を日頃から熱心に追いかけているわけでもありませんが、当ブログを開設してからイ…
コメント:0

続きを読むread more

東京都知事選結果

 先日(2024年7月7日)投開票となった東京都知事選は、大手報道機関の事前の情勢調査通り、現職の小池百合子候補が圧勝し、都知事選での投票は今回で10回目となりますが、私が投票した候補者は全員落選したことになります。予想通りだったので覚悟していたとはいえ、やはりたいへん不愉快な結果だったので、当ブログでの言及のはやめておこうとも考えたの…
コメント:0

続きを読むread more

問題のある見解や人類の攻撃性などの雑感

 日頃色々と考えているものの、それぞれ単独の記事にまとめられるほど整理できているわけではない事柄について、この機会に雑多に述べることにします。インターネット、とくにSNSの普及により、私もそうですが、平凡もしくはそれ以下の大衆の一人にすぎなくても世界中に容易に情報を発信できるようになり(もちろん、平凡な大衆の一人がSNSで発言しても、ほ…
コメント:0

続きを読むread more

第26回参院選結果

 各党の確定議席数は以下の通りで、()は公示前の改選議席数です。 自民党:63(55) 立憲民主党:17(23) 公明党:13(14) 日本維新の会:12(6) 国民民主党:5(7) 共産党:4(6) れいわ新選組:3(0) 社会民主党:1(1) NHK党:1(0) 無所属・その他:6(8)  この結果、各…
コメント:0

続きを読むread more

フランス大統領選決選投票

 今回のフランス大統領選も決選投票となり、今月(2022年4月10日)の第1回投票(投票率73.69%)の上位2人(9785578票で得票率27.80%の現職のマクロン候補と8136369票で得票率23.10%のルペン候補)の対決となりました(関連記事)。これは前回(2017年)の決選投票と同じ対決となります。現職のマクロン候補の優勢が…
コメント:0

続きを読むread more

フランス大統領選結果

 フランス政治には詳しくありませんし、普段熱心に情報を収集しているわけでもありませんが、当ブログでは開設以降のフランス大統領選全てに言及してきたので、今回も取り上げます。フランス大統領選は1回目で過半数の票を獲得する候補がいればそれで決まりなのですが、最近ではずっと1回目の投票での上位2候補による決選投票になっており、今回も、予想通り過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第49回衆院選結果

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、議席と得票数が確定したので、先月(2021年10月31日)投票が行なわれた衆院選について取り上げます。各党の確定議席数は以下の通りで、()は公示前の議席数です。 自民党:261(276) 立憲民主党:96(109) 日本維新の会:41(11) 公明党:32(29) 共産党:10(12)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都議選結果

 今月(2021年7月)4日に投票が行なわれた東京都議選の結果は、自民党33(25)、都民ファーストの会31(45)、公明党23(23)、共産党19(18)、立憲民主党15(8)、日本維新の会1(1)、東京生活者ネットワーク1(1)、無所属4(5)でした。()は改選時の議席数です。投票率は42.40%で、前回(51.28%)と比較して大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラン大統領選結果

 今月(2021年6月)18日に投票が行なわれたイラン大統領選挙で、検事総長や司法府長官などを歴任したエブラヒム・ライシ氏(60歳)が当選しました。得票率は約62%と圧勝でしたが、護憲評議会による事前審査で有力者も含む多くの立候補者が失格となり、少なからぬ国民が冷めていたためか、投票率は1979年のイスラム教体制成立後の大統領選挙では最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ合衆国大統領選挙結果

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を大きく受けている中で、世界的に注目されたアメリカ合衆国大統領選挙が今月(2020年11月)3日に行なわれました。嫌われ者で現職の共和党のトランプ大統領と、魅力に欠ける民主党のバイデン前副大統領との対決となり、第1回討論会が酷評されるなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more