"古人類学"の記事一覧

ネアンデルタール人と現生人類との間の遺伝的混合

 ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)と現生人類(Homo sapiens)との間の遺伝的混合に関する研究(Li et al., 2024)が公表されました。現生人類はその歴史の大半で、かつて存在したいくつかの異なる人類集団の一つにすぎませんでした。古代人と現代人のDNAの研究から、現生人類の祖先とネアンデル…
コメント:0

続きを読むread more

シベリアの人口史

 古代人と現代人のゲノムデータに基づくシベリアの人口史に関する研究(Gill et al., 2024)が公表されました。本論文は、ユーラシア北部東方を中心として、既知の古代人および現代人のゲノムデータの再分析により、おもに完新世以降のシベリアの人口史を再構築しています。本論文はとくに、バイカル湖地域とヤクーチア(Yakutia、サハ共…
コメント:0

続きを読むread more

レバノン北部の人口史

 レバノン北部の人口史に関する研究(Platt et al., 2024)が公表されました。本論文は、現代のレバノン北部のコウラ(Koura)地区住民の人口史を、近隣地域も含めて現代人と古代人のゲノムデータから推測しています。コウラ地区は現代のレバノンにおいて、他地域と比較してギリシア正教の信者が顕著に多く、それが近代の移住に由来するの…
コメント:0

続きを読むread more

スカンジナビア半島中石器時代狩猟採集民の口腔内の健康状態

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、スカンジナビア半島中石器時代狩猟採集民の口腔内の健康状態に関する研究(Kırdök et al., 2024)が公表されました。先史時代の噛み跡のある樹脂は、ヒトおよびその口腔微生物叢の両方からの、古代DNAの有用な供給源である、と証明されてきました。本論文は、9890~9540年前頃となる、スウェ…
コメント:0

続きを読むread more

メロヴィング朝期フランドルの人類集団のゲノムデータ

 メロヴィング朝期フランドルの人類集団のゲノムデータを報告した研究(Sasso et al., 2024)が公表されました。北海を横断する交易および文化網の確立への中世前期の人口移動の程度と影響は、何世紀にもわたって議論の対象となってきました。フランドル沿岸の古代人のゲノム解析により、メロヴィング朝後期の共同体で2つの異なる祖先系統(祖…
コメント:0

続きを読むread more

チチェン・イッツァの被葬者のゲノムデータ

 マヤ文化の有名な都市であるチチェン・イッツァ(Chichén Itzá)の被葬者のゲノムデータを報告した研究(Barquera et al., 2024)が報道されました。チチェン・イッツァはメキシコのユカタン半島に位置し、マヤ文化の古典期後期および末期(600~1000年頃)における最大級の都市とされています。本論文は、チチェン・イ…
コメント:0

続きを読むread more

ヒト脳の進化と速度

 ヒト脳の進化と速度に関する研究(Lindhout et al., 2024)が公表されました。現生人類(Homo sapiens)の脳の進化には分子と細胞の独特な特殊化が伴っていましたが、こうした特殊化は、さまざまな認知能力を支えるだけではなく、神経疾患への脆弱性を高めてもいます。こうした特徴には、ヒトに特異的なものもあれば、類縁種と…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパの初期現生人類の形態

 ヨーロッパの初期現生人類(Homo sapiens)の形態について、今年(2024年)3月20日~23日にかけてアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市で開催された第93回アメリカ生物学会(旧称はアメリカ自然人類学会)総会で報告されました(Bejdova et al., 2024)。この報告の要約はPDFファイルで読めます(P15…
コメント:0

続きを読むread more

言語の機能

 言語の機能に関する研究(Fedorenko et al., 2024)が公表されました。言語はヒトを定義づける特徴ですが、言語が果たす機能(あるいは複数の機能)については何世紀にもわたり議論が続いています。本論文は、神経科学と関連分野から得られた最近の証拠を提示し、ヒトは言語を思考のために使うという有力な考えに反して、現生人類(Hom…
コメント:0

続きを読むread more

ネアンデルタール人の炉床の年代測定

 ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)の炉床の新たな年代測定方法を報告した研究(Herrejón-Lagunilla et al., 2024)が公表されました。旧石器時代のヒトの活動の期間を明らかにすることは、先史考古学的における屈指の難題です。これは、年代測定技術の分解能に限界があるためで、放射性炭素年代…
コメント:0

続きを読むread more

後期新石器時代ヨーロッパ人類集団における遺伝的構成の大きな変容

 後期新石器時代ヨーロッパ人類集団における遺伝的構成の大きな変容を報告した研究(Parasayan et al., 2024)が公表されました。後期新石器時代のヨーロッパにおいては、ポントス・カスピ海草原(ユーラシア中央部西北からヨーロッパ東部南方までの草原地帯)を中心にヨーロッパ草原地帯からの大規模な人口移動により、人類集団の遺伝的構…
コメント:0

続きを読むread more

チンパンジーの社会的学習

 チンパンジーの社会的学習に関する研究(Leeuwen et al., 2024)が公表されました。文化の累積的進化は、現生人類(Homo sapiens)の生物学的成功に重要なヒトに特有の現象と主張されてきました。累積的な文化進化出現の一つの妥当な条件は、社会的学習を使用して、自身では容易に確信できない方法を獲得する個体の能力です。チ…
コメント:0

続きを読むread more

類人猿の性染色体の完全な配列

 類人猿の性染色体の完全な配列を報告した研究(Makova et al., 2024)が公表されました。当ブログでは、以前にはヒトも類人猿に含めており、非ヒト類人猿という用語も使いましたが、最近では、その語源から類人猿にヒトを含めるのは妥当ではない、と考えるようになりました。類人猿を単系統群(クレード)と定義せねばならない合理的な理由は…
コメント:0

続きを読むread more

青銅器時代ユーラシア北部の人口史と文化との関連

 古代ゲノムデータに基づく青銅器時代ユーラシア北部の人口史と文化との関連を検証した研究(Childebayeva et al., 2024)が公表されました。本論文は、とくにロシアのオムスク州のロストフカ(Rostovka、略してROT)遺跡とムルマンスク州のコラ(Kola)にあるボリショイ・オレニー・オストロフ(Bolshoy Ole…
コメント:0

続きを読むread more

エジプトの東部砂漠の前期石器時代と中期石器時代

 エジプトの東部砂漠の前期石器時代と中期石器時代の石器を報告した研究(Leplongeon et al., 2024)が公表されました。エジプトについては、古王国以降の歴史がよく知られているでしょうが、現生人類(Homo sapiens)だけではなく他の人類のアフリカからの拡散経路においても、重要な役割を果たしたと考えられます。エジプト…
コメント:0

続きを読むread more

オーストラリアの人類史

 オーストラリアの人類史に関する概説(Gross., 2024)が公表されました。本論文はオーストラリアの初期人類史の概説で、おもに現生人類(Homo sapiens)のオーストラリアへの初期拡散に焦点を当てていますが、更新世の寒冷期には現在のオーストラリア大陸とニューギニア島とタスマニア島は陸続きで、サフルランドを構成していました。ま…
コメント:0

続きを読むread more

イランの更新世の石器

 イランの更新世の石器を報告した研究(Hashemi et al., 2024)が公表されました。本論文は、イラン中央砂漠北部(the northern part of the Iranian Central Desert、略してNICD)に位置するセムナーン(Semnan)州のエイヴァーネケイ(Eyvanekey)遺跡の、少なくとも中…
コメント:0

続きを読むread more

『地球ドラマチック』「ネアンデルタール人vs.ホモ・サピエンス」

 NHK教育テレビで放送されたので、視聴しました。ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)と現生人類(Homo sapiens)とを近年までの研究に基づいて比較し、ネアンデルタール人の絶滅理由を検証しており、フランスで2023年に放送された番組の日本語版のようです。『地球ドラマチック』では2021年に、「ネアンデ…
コメント:0

続きを読むread more

日本列島の人類集団における農耕前後の適応の比較

 日本列島の人類集団における農耕前後の適応の比較を検証した研究(Cooke et al., 2024)が公表されました。本論文は、日本列島における本格的な農耕の前後の人類集団の適応の違いを、遺伝的多様体の頻度の比較から検証しています。具体的には、エクトジスプラシンA受容体(ectodysplasin A receptor、略してEDAR…
コメント:2

続きを読むread more

アジア南西部の旧石器時代

 おもに古代ゲノム研究に基づくアジア南西部の旧石器時代の概説(Miedzianogora., 2024)が公表されました。アジア南西部はアフリカからの現生人類(Homo sapiens)の拡散においてたいへん重要な地域で、最近もイラン高原に注目した研究が刊行されました(Vallini et al., 2024)。本論文は、アフリカからの…
コメント:0

続きを読むread more

過去の人類集団の復元力を強化した頻繁な撹乱

 頻繁な撹乱による過去の人類集団の復元力強化を示した研究(Riris et al., 2024)が公表されました。過去の人類の適応の記録は、未来の危機への対応を導く上で重要な教訓をもたらします。これまで、人類が時間とともに撹乱を吸収してそこから回復する能力について、体系的・全球的に比較されたことはなかった。レジリエンス(復元力)とは、危…
コメント:0

続きを読むread more

チベット高原西部の人口史

 チベット高原西部の人類集団の古代ゲノムデータを報告した研究(Bai et al., 2024)が公表されました。この研究はオンライン版での先行公開となります。チベット高原は、現生人類(Homo sapiens)のみならず、種区分未定のホモ属であるデニソワ人(Denisovan)の存在も確認されており、その独特な人類進化史で注目されてい…
コメント:0

続きを読むread more

アフリカ北部の農耕開始前の狩猟採集民における植物性食料への高い依存

 アフリカ北部の農耕開始前の狩猟採集民における植物性食料への高い依存を報告した研究(Moubtahij et al., 2024)が公表されました。本論文は、亜鉛(Zn)やストロンチウム(Sr)や炭素(C)や窒素(N)や硫黄(S)の同位体を用いて、農耕開始の数千年前となるアフリカ北部の後期石器時代の狩猟採集民の食性が、植物性食料に強く依…
コメント:0

続きを読むread more

頭蓋形態の比較に基づく過去50万年間のホモ属の進化

 頭蓋形態の比較に基づいて過去50万年間のホモ属の進化を検証した研究(Neves et al., 2024)が公表されました。本論文は、21世紀における新たな更新世ホモ属化石の発見や、分子生物学の飛躍的な発展を踏まえて、保存状態良好な過去50万年間のヨーロッパとアフリカとアジアで発見された86点のホモ属化石を比較し、現生人類の起源につい…
コメント:0

続きを読むread more

更新世にさかのぼるオーストラリアにおける人為的な火の制御

 更新世にさかのぼるオーストラリアにおける人為的な火の制御を報告した研究(Bird et al., 2024)が公表されました。オーストラリア大陸にヨーロッパ人が到来した時点で、洗練された先住民社会はオーストラリアの広範な熱帯サバンナ全域で土地の管理を行なっていました。オーストラリアの先住民共同体において火は長い間、景観を社会に有益な形…
コメント:0

続きを読むread more

古代中東における暴力の傾向

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、古代中東における暴力の傾向に関する研究(Baten et al., 2023)が公表されました。初期のヒト社会において、個人間の暴力(暴行、殺人、奴隷、拷問、独裁、残酷な刑罰、暴力的抗争など)はどのように発展したのでしょうか?殺人の記録が最近のものでしか利用できないことを考えると、ヒトの歴史の大半は…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの初期現生人類の環境と生活

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、ドイツで発見された初期現生人類(Homo sapiens)の環境と生活に関する二つの研究が公表されました。この二つの研究は、ドイツのテューリンゲン州(Thuringia)のオーラ川(Orla River)流域に位置するラニス(Ranis)のイルゼン洞窟(Ilsenhöhle)で発見された、中部旧石器…
コメント:0

続きを読むread more

アヴァール人の社会的慣行

 アヴァール人の社会的慣行を分析した学際的研究(Gnecchi-Ruscone et al., 2024)が公表されました。本論文は、6~9世紀にヨーロッパ中央部東方に存在したアヴァール人の社会的慣行を、遺伝学(古代ゲノム解析)と考古学と人類学と歴史学と組み合わせて分析しています。その結果、9世代にまたがり、約300個体から構成される大…
コメント:0

続きを読むread more

古代の染色体異常

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、古代の染色体異常を報告した研究(Rohrlach et al., 2024)が公表されました。異数性、とくにトリソミーは現在、ヒト遺伝学で観察される最も一般的な遺伝子異常を表しています。染色体トリソミーを有する人は、細胞内に特定の染色体が2本ではなく3本あります。21番染色体のトリソミーはダウン症候…
コメント:0

続きを読むread more

ヒトのセントロメアの多様性と進化

 ヒトのセントロメアの多様性と進化に関する研究(Logsdon et al., 2024)が公表されました。ヒトのセントロメアは、その反復性と規模の大きさから、これまで塩基配列の解読やアセンブリがひじょうに困難でした。そのため、セントロメアは最も急速に変異が起こる領域の一つであるにも関わらず、ヒトのセントロメアの多様性パターンや、進化お…
コメント:0

続きを読むread more

アジア東部および南東部への人類の拡散

 アジア東部および南東部への人類の拡散に関する概説(Sawafuji et al., 2024)が公表されました。本論文は、化石(形態学的)証拠と分子生物学的証拠を統合し、現生人類(Homo sapiens)に限らず、ホモ・フロレシエンシス(Homo floresiensis)やホモ・ルゾネンシス(Homo luzonensis)やホモ…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ最古級の石器

 ヨーロッパ最古級の石器を報告した研究(Garba et al., 2024)が公表されました。人類がユーラシアに到達したのは200万~100万年前頃と考えられてきましたが、近年ではヨルダンにおいて248万年前頃(関連記事)、中国において212万年前頃(関連記事)までさかのぼるかもしれない石器が発見されています。ただ、そうした痕跡はまだ…
コメント:0

続きを読むread more

現生人類のアフリカからの拡散時の気候

 現生人類(Homo sapiens)のアフリカからの拡散時の気候に関する研究(Kappelman et al., 2024)が公表されました。現生人類は10万年前頃までに何度もアフリカから拡散していましたが、非アフリカ系現代人の主要な祖先となる現生人類集団がアフリカから拡散したのは10万年前頃以降です(関連記事)。ほとんどのモデルでは…
コメント:0

続きを読むread more

キプロス島の初期人類の起源

 古代ゲノムデータに基づいてキプロス島の初期人類の起源を推測した研究(Heraclides et al., 2024)が公表されました。本論文は、キプロス島の初期完新世の3個体のゲノムデータを、アナトリア半島やレヴァントなど近隣地域の後期更新世から初期完新世の人類のゲノムデータと比較しました。その結果、キプロス島の初期完新世の3個体のゲ…
コメント:0

続きを読むread more

ボノボとチンパンジーの雄の攻撃性の比較

 ボノボ(Pan paniscus)とチンパンジー(Pan troglodytes)の雄の攻撃性を比較した研究(Mouginot et al., 2024)が公表されました。ボノボとチンパンジーから構成されるチンパンジー属は、現代人にとって最も近縁な現生分類群です。そのため、現代人の攻撃性の起源や進化の比較対象としても、チンパンジー属は…
コメント:0

続きを読むread more

全ゲノム配列決定による現代日本人の遺伝的構造

 全ゲノム配列決定(Whole-genome sequencing、略してWGS)から現代日本人の遺伝的構造を示した研究(Liu et al., 2024)が公表されました。日本語の解説記事もあります。本論文は、日本全土の現代人3256個体の高品質なゲノムデータを報告し、これは全ゲノム配列決定ライブラリ日本百科事典(Japanese E…
コメント:0

続きを読むread more

クロアチアのヴィンディヤ洞窟の新たな年代

 クロアチアのヴィンディヤ洞窟(Vindija Cave)の新たな年代測定結果を報告した研究(Karavanić et al., 2024)が公表されました。ヴィンディヤ洞窟は、ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)の化石が発見され、高品質なゲノムデータが得られたこと(関連記事)でも有名な遺跡です。ヴィンディヤ…
コメント:0

続きを読むread more

ホモ・フロレシエンシスとコモドオオトカゲによるステゴドンの消費

 インドネシア領フローレス島のホモ・フロレシエンシス(Homo floresiensis)とコモドオオトカゲ(Varanus komodoensis)によるステゴドンの消費について、先月(2024年3月)20日~23日にかけてアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市で開催された第93回アメリカ生物学会(旧称はアメリカ自然人類学会)総…
コメント:1

続きを読むread more

初期人類の研究の進展

 初期人類の研究の進展に関する解説(Gibbons., 2024)が公表されました。この解説記事は、「ルーシー(Lucy)」と呼ばれる保存状態の良好なアウストラロピテクス・アファレンシス(Australopithecus afarensis)化石の発見から50年となることで、ホモ属の出現以前となる初期人類の研究の進展を概説しています。初…
コメント:0

続きを読むread more

北アメリカ大陸先住民のブラックフット連合のゲノムデータ

 北アメリカ大陸先住民のブラックフット連合(Blackfoot Confederacy)のゲノムデータを報告した研究(Rider et al., 2024)が公表されました。本論文は、ブラックフット連合の近現代のゲノムデータから、アメリカ大陸先住民におけるこれまで報告されていなかった古代の遺伝的系統を推測し、アメリカ大陸への人類の移住史…
コメント:0

続きを読むread more

古田彩「古墳に眠る人々の家族関係」

『日経サイエンス』2024年2月号に掲載された表題の記事を読みました。岡山県津山市の久米三成4号墳の被葬者の家族関係を、DNA解析に基づいて推測した研究が取り上げられています。久米三成4号墳は1977年に墓地造成中に発見され、石棺と人骨が確認されています。久米三成4号墳は前方後方墳の一部で、後方部と前方部の中央にそれぞれ石棺があります。…
コメント:0

続きを読むread more

北周武帝のゲノムデータ

 北周の武帝(Wudi、Emperor Wu)のゲノムデータを報告した研究(Du et al., 2024)が公表されました。この研究はオンライン版での先行公開となります。北周の武帝、つまり宇文邕(Yuwen Yong)は、ともに北魏に由来する北斉を滅ぼし、北周の全盛期を築いたとも言えますが、30代半ばでの若すぎる死の数年後に、北周王朝…
コメント:0

続きを読むread more

現生人類のアフリカからの拡散におけるイラン高原の重要性

 現生人類(Homo sapiens)のアフリカからの拡散におけるイラン高原(ペルシア高原)の重要性を示した学際的研究(Vallini et al., 2024)が公表されました。本論文は、私が大いに参考にしてきた2年前(2022年)の論文(Vallini et al., 2022)の改訂版とも言えそうで、現生人類のアフリカからの拡散を…
コメント:0

続きを読むread more

『ヒューマニエンス』「“グレートジャーニー” ヒトらしさの進化の足跡」

 表題のNHK衛星放送の番組を視聴しました。現生人類(Homo sapiens)の世界規模の拡散が取り上げられていました。ヨーロッパへの現生人類の拡散は47000年前頃以降とされていましたが、すでに5万年以上前に現生人類がヨーロッパに拡散していた可能性は高そうです(関連記事)。ただ、ヨーロッパにおいて現生人類が5万年以上前からずっと存続…
コメント:0

続きを読むread more

鮮卑の遺伝的起源

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、鮮卑の遺伝的起源に関する研究(Cai et al., 2023)が公表されました。本論文は、長きにわたって議論されてきた鮮卑の起源について、古代ゲノムデータに基づく解明を試みています。本論文の結論は、鮮卑の起源はアムール川地域の大興安嶺山脈周辺にある、というものです。また本論文は、鮮卑が南下して中原…
コメント:0

続きを読むread more

新石器時代における黄河流域からの農耕民の移住

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、新石器時代における黄河流域からの農耕民の移住に関する研究の解説(Bellwood., 2024)が公表されました。本論文はおもに、中国南西部の後期新石器時代遺跡の人類のゲノムデータを報告した研究(Tao et al., 2023)の解説で、考古学と言語学の研究成果も取り上げています。本論文の著者は、…
コメント:0

続きを読むread more

梅毒の起源

 梅毒の起源に関する研究(Majander et al., 2024)が公表されました。性病性梅毒やベジェルとして知られる非性病性梅毒など、さまざまな種類のトレポネーマ病の起源は長い間不明で、とくに、ヨーロッパで15世紀後半に最初の梅毒の感染症が突然始まったことから、コロンブスの遠征に伴ってアメリカ大陸から到来した、という仮説が提示され…
コメント:0

続きを読むread more

更新世以前の人類社会の認識

 これまで当ブログでは、更新世以前の人類社会がどのようなものだったのか、何度か言及してきました。以前より更新世人類の社会構成について関心はありましたが、あまりにも勉強不足なので、16年前(2008年3月)に人類史についてまとめたさいにも、ほとんど言及できませんでした(関連記事)。その後も、更新世人類の社会構成についてさほど関心が高かった…
コメント:0

続きを読むread more

朝鮮半島の前期および中期旧石器時代の大型両面石器

 朝鮮半島の前期および中期旧石器時代の大型両面石器に関する研究(洪., 2024)が公表されました。朝鮮半島の更新世の考古学にはひじょうに疎いので、本論文は有益でした。本論文は、朝鮮半島に限らず日本列島も含めてアジア東部を視野に入れており、日本列島の4万年以上前の人類の痕跡については、旧石器捏造事件(関連記事)もあって懐疑的な意見の方が…
コメント:0

続きを読むread more

古代ゲノム研究から推測されるヒトの過去の社会

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、古代ゲノム研究から推測されるヒトの過去の社会に関する解説(Orlando., 2023)が公表されました。本論文は、世界の過去のヒト社会に関する複数の遺伝学的研究を取り上げており、この問題の把握にたいへん有益だと思います。この分野の研究が最も進んでいるのはやはりヨーロッパで、今後の課題はヨーロッパ以…
コメント:0

続きを読むread more