大河ドラマ『真田丸』第43回「軍議」

 これは10月31日分の記事として掲載しておきます。徳川軍が大坂城に迫り、愛息の秀頼が心配な茶々、秀頼を死なせないでくれ、と幸村(信繁)に頼みます。大坂城では軍議が開かれ、幸村は家康のいる京都へ攻め込むよう主張しますが、他の諸将は籠城策を主張します。一度軍議の場から退出した幸村は、再度出撃策を主張します。毛利勝永は幸村の提案に同意しますが、幸村と勝永を除く他の諸将は籠城策のままです。秀頼は籠城か出撃か迷います。軍議はいったん中断となり、幸村は明石全登と長宗我部盛親を説得します。

 軍議が再開されると、全登と盛親は出撃策に同意します。籠城策を主張した木村重成も出撃策に同意しますが、後藤又兵衛は強く籠城を主張し続けます。又兵衛は、豊臣方の敗北は必定と考えており、大坂城を死に場所として定めていたのでした。幸村の説得は続き、又兵衛も出撃策に同意しますが、織田有楽斎は、すでに籠城と決まっている、と居丈高に言い放ちます。籠城と決めていた大野治長は有楽斎の非礼を咎め、秀頼も出撃を決断します。

 ところが、秀頼が母である茶々に出撃策と決まったと報告すると、牢人たちでは幸村しか信用できないので、籠城策をとるよう命じます。秀頼は母に逆らえず、籠城と決断します。今回は大坂城での軍議が中心に描かれました。主要な武将のキャラもかなり立っており、なかなか楽しめました。片桐且元の悲哀も印象に残りました。確かに、同情するところもありますが、これまでわりとやらかしてきたことも否定できないので、自業自得といった感もあります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『真田丸』、木村重成に注目すべし!(第43回)

    Excerpt: 皆さんこんばんは。今回は去年のNHK大河ドラマ『真田丸』第43回「軍議」についての感想です。あらすじ大坂城に入り、軍議に参加する真田幸村(堺雅人)。幸村は城を打って出て京都を攻めるように主張し、毛利勝.. Weblog: Coffee, Cigarettes & Music racked: 2017-05-28 20:02