大河ドラマ『真田丸』第16回「表裏」

 信繁は秀吉の馬廻衆に抜擢されます。今回も秀吉の恐ろしさを印象づける話・演出になっていました。前回と上手く話をつなげてきたな、と思います。サイコホラー的なところもありましたが、喜劇調のやり取りもあり、それがまた怖さを増幅させているところもあったように思います。秀吉をはじめとして、豊臣政権の主要人物はおおむねキャラが立っているので、豊臣政権の人間模様はかなり楽しめています。秀吉・三成のような主要人物から秀長のような登場時間の短い脇役まで、人物造形が上手いのが本作の魅力だと思います。

 徳川家では、後に信幸の妻となる稲が初登場となります。稲は本多忠勝の娘で、忠勝と稲の親子関係も、忠勝のキャラを活かした面白いものになっていると思います。今回は大坂情勢が中心に描かれたので、信濃の場面は短かったのですが、相変わらず各主要人物のキャラが立っていて楽しめます。若い頃の信繁の事績はあまり伝わっていないようなので、今回のような信繁の活躍を苦々しく思う視聴者もいるかもしれませんが、私にとっては許容範囲の主人公補正でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『真田丸』、面白くなってきたか?(16~17回)

    Excerpt: 皆さんこんばんは。今回は大人気大河ドラマ『真田丸』の16~17回について。16回は「表裏」。真田信繁が秀吉の馬廻衆に任命されました(これは史実であることが近年わかってきているそうです→真田信繁(Wik.. Weblog: Coffee, Cigarettes & Music racked: 2016-05-22 22:06