大河ドラマ『軍師官兵衛』第38回「追い込まれる軍師」

 今日はもう1本掲載します。前回を視聴して解釈にやや迷っていたのですが、宇都宮鎮房を謀殺したのは長政の独断でした。確かに、素直に解釈するとそうなのですが、実は官兵衛と事前に打ち合わせしていた、というひねった展開にしてくるのかな、とも思っていました。長政が宇都宮鎮房とその家臣団を粛正したことを知った官兵衛は、肥後の陣中にて鎮房の嫡男の朝房に自害を命じます。しかし、朝房はその命に従わず、官兵衛自ら朝房を殺害します。しかし、せっかく主人公とその嫡男が苦渋の末に非情な決断を下すという話だったのに、ホームドラマパートが台無しにしてしまった感は否めません。

 宇都宮家の処分とともに今回の見所となったのは、官兵衛と秀吉との緊張関係です。ますます独裁的な権力者として増長してきた秀吉は、茶室にて官兵衛に明征服の構想を打ち明けます。官兵衛は長い戦乱による民の疲弊を指摘し、秀吉に自重を求めますが、秀吉は聞き入れようとしません。耳に痛いことを言う者がいるうちが華だ、と進言する利休にたいして、秀吉は憎しみを抱いたようです。利休切腹の伏線ということなのでしょう。秀吉は激昂しそうになったものの何とか自制し、三成とともに茶室を立ち去ります。上洛した家康と茶室にて初めて対面した官兵衛は、秀吉が自分の死後の天下人は官兵衛だと警戒している、と家康から聞きます。次回、官兵衛は長政に家督を譲るようですが、その直接的動機は、官兵衛がこの秀吉の発言を知ったから、ということになるのでしょう。まあ官兵衛も四十代半ばにさしかかりつつありますから、家督を譲る年齢としては不自然ではないのでしょうが。

 茶々をめぐる動向も注目されます。「おね」と結びつく加藤清正・福島正則・長政と、茶々と結びつく三成との対立という構図がはっきりと示されました。この構図が妥当なのか、私は以前より疑問に思っているのですが、以前よりもこの時代の優先順位が低下しているので、詳しく検証する気にはなれません。文禄・慶長の役から関ヶ原の戦い、さらには大坂の陣までを視野に入れた(この作品ではさすがに大坂の陣が直接描かれることはなく、又兵衛のその後として語りにて軽く言及される程度でしょうが)分かりやすい物語として把握しようとすれば、ドラマ上でこの構図を早くから提示するのは悪くないかな、とも思います。この作品の茶々は、これまでのところはっきりとした悪役として描かれています。今後、息子の鶴松の死のさいなどに、単なる悪役ではないところも見られるのでしょうか。

この記事へのコメント

ひろし
2014年09月23日 14:40
今回は、久しぶりに酷い内容でした。

朝房は自害に従わず、官兵衛自ら殺害しますが、トドメ刺す場面は何故かカット。
意外にアッサリな退場。
佐々成政も地味な退場で、切腹もカットされましたし。
ただこの時、官兵衛に苦悩が描かれなかったのが残念。
嫡男の行動に、何も感じられず、主役に魅力が感じれれません。

光の扱いは酷かったです。嫁も女中も一緒になって、長政を批判するとは、なんて卑怯な扱い。
実母のすることじゃないですよアレは。鶴姫を逃がすのも酷かったです。助けるのではなく、勝手に逃げたのであれば問題ありませんと言う、ガキみたいな理屈で、とても腹が立ちました。とても、ご都合主義な人物になってしまいました。とにかく、ホームドラマパートは酷く、腹が立ちました。

さて、官兵衛は差し置いて、来年の大河「花燃ゆ」のついて語ります。
ナレーションがガンダムのシャアで知られる声優・池田秀一さんだそうです。
アニメ業界で伝説の声優が、大河でナレーションをするとは意外でした。
これだけでも見たい価値があります。ちょっと楽しみで、期待が少し湧いてきました。

ただ、それと同時に、不安要素も現れました。それは、土屋CPの「セクシー大河」発言です。
大河で「セクシー」を求めてる人って居ますでしょうか?なんだか、フェミ爆発発言の様に聞こえます。そもそも、大河で「セクシー」を求めてる人なんていませんし、ブランドに泥を塗るような、失礼な発言にも聞こえなくもありません。これは、女性視聴者を獲得する作戦でしょうか?
正直、冗談にも程があると、吐きたいぐらいです。まあ、最終的な判断は、放送を見なければ分かりませんが。

とりあえず今の所、期待と不安、どっちが高いと言えば、正直不安ですね。

それでは~
2014年09月23日 18:57
今回はこの作品の悪いところが強調されてしまった感は否めませんね。

来年の大河ドラマは、さほど期待せずに気楽に視聴するつもりです。

この記事へのトラックバック