2014年度アメリカ自然人類学会総会

 今日は3本掲載します(その三)。今年の4月8日~4月12日にかけて、カナダのアルバータ州カルガリー市で第83回アメリカ自然人類学会総会が開催されました。アメリカ自然人類学会総会では、最新の研究成果が多数報告されるだけに、古人類学に関心のある私は大いに注目しています。総会での報告の概要も公表されているのですが、どのような報告がなされたのか、まだほとんど把握できていません。いくつかの報告については、今後このブログで取り上げていくつもりです。この機会に、アメリカ自然人類学会総会に関するこのブログの過去の記事を以下にまとめてみました。


2013年度(第82回)
https://sicambre.seesaa.net/article/201304article_30.html

2012年度(第81回)
https://sicambre.seesaa.net/article/201204article_20.html

2011年度(第80回)
https://sicambre.seesaa.net/article/201104article_27.html

2010年度(第79回)
https://sicambre.seesaa.net/article/201004article_23.html

2009年度(第78回)
https://sicambre.seesaa.net/article/200905article_27.html

2008年度(第77回)
https://sicambre.seesaa.net/article/200804article_20.html
https://sicambre.seesaa.net/article/200804article_28.html
https://sicambre.seesaa.net/article/200804article_32.html

2007年度(第76回)
https://sicambre.seesaa.net/article/200703article_32.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 根強いフロレシエンシス新種説への懐疑論

    Excerpt: 今日はもう1本掲載します。インドネシア領フローレス島のリアンブア洞窟で2003年に発見された更新世の人骨群(発表は2004年)を、人類進化系統樹においてどう位置づけるのか、議論が続いています。当初は、.. Weblog: 雑記帳 racked: 2014-04-27 00:00
  • 中部旧石器時代のケバラ人骨の見直し

    Excerpt: 今日はもう1本掲載します。中部旧石器時代のケバラ人骨の見直しについて、2014年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(Tillier, and Arensburg., 2014)。こ.. Weblog: 雑記帳 racked: 2014-04-29 00:00
  • イベリア半島地中海沿岸のネアンデルタール人の食性

    Excerpt: 今日はもう1本掲載します。ネアンデルタール人の食性について、2014年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(García et al., 2014)。この報告の要約PDFフ.. Weblog: 雑記帳 racked: 2014-05-04 00:00
  • ネアンデルタール人集団内の変異

    Excerpt: ネアンデルタール人(ホモ=ネアンデルターレンシス)と分類されている集団内の変異の見直しについて、2014年度アメリカ自然人類学会総会(関連記事)で報告されました(Minetz., 2014)。この報告.. Weblog: 雑記帳 racked: 2014-05-06 00:00