『太陽にほえろ!』321話「朝顔」10

 まだ日付は変わっていないのですが、12月20日分の記事として掲載しておきます。戦前にソ連へと亡命したことで知られる岡田嘉子氏がメインゲストです。岡田氏の演じる孤独な資産家の老女のもとに、甥であると称して接近してきた男をめぐる謎めいた話が展開されます。推理ものとしてかなりよい出来になっており、安定して面白いこの時期の作品のなかでも、上位の出来になっていると思います。最後の場面が無音だというのは珍しいのですが、シリアスな作品だけに、これでよいでしょう。

この記事へのコメント

いち
2012年12月22日 22:18
こんばんは。滝沢邸と一係室を交互に映す場面で一係室最初のアップがアッコの顔でした。キレイでとても女っぽく、私は明らかに異性を見る目になってました。登場した頃はまるで少女だったのがすっかり…
おそらく近々番組を降板するという意味を含めての配慮でしょうか?
2012年12月23日 16:48
アッコもナーコも、降板する頃には登場時よりもかなりあか抜けていた印象があります。

このような成長が見られるのも、長期ドラマの魅力だと思います。

この記事へのトラックバック