2011年「回顧と展望」アジア・アフリカ

大場正善「中国湖北省清江流域に残る旧石器時代のヒトの活動痕跡」『アジア流域文化研究』7

乙坂智子「“元之天下、半亡於僧”の原像」『社会文化史学』54

檀上寛「明代中華帝国論」『新しい歴史学のために』279

足立啓二「18~19世紀日中社会編成の構造比較」『文学部論叢』102

吉田浤一「帝国の残像」『新しい歴史学のために』279

吉澤誠一郎「近代中国における進化論受容の多様性」『メトロポリタン史学』7

酒寄雅志「渤海史研究と朝鮮史」『朝鮮史研究会論文集』49

石丸あゆみ「朝鮮半島出土弥生系土器から復元する日韓交渉」『東京大学考古学研究室研究紀要』25

赤羽目匡由『渤海王国の政治と社会』(吉川弘文館)

坪井祐司「英領マラヤにおけるマレー人概念の土着化」『東洋学報』93-1

近藤英夫『インダスの考古学』(同成社)

江川ひかり「19世紀中葉西北アナトリア、バルケスィル地域における遊牧民の経済状況」『駿台史学』142

永原陽子編『生まれる歴史、創られる歴史』(刀水書房)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック