大相撲春場所千秋楽

 優勝争いは大関昇進のかかる1敗の鶴竜関と2敗の白鵬関とに絞られ、すでに14日目の時点で大関昇進をほぼ確実にしていた鶴竜関は豪栄道関と対戦したのですが、速攻で寄り切られて負け、13勝2敗となりました。ここで勝てば初優勝だったのですが、大関昇進をほぼ確実にしていたとはいえ、初優勝がかかっているということで、緊張していたようにも思われました。結びの一番で白鵬関は把瑠都関に有利な体勢になられたものの、相撲の上手さで凌いで寄り切って勝ち、13勝2敗となって鶴竜関との優勝決定戦に持ち込みました。

 優勝決定戦では、鶴竜関が巻き変えにきたところを白鵬関が一気に寄っていき、鶴竜関は何とかしのいだものの、すぐに白鵬関が強引な上手投げで鶴竜関を破り、22回目の優勝を果たしました。優勝決定戦では、白鵬関の執念・横綱としての意地が見られたように思います。大関昇進を決定的にした鶴竜関が今後横綱に昇進できるかとなると、厳しいように思いますが、横綱に昇進できなくても名大関として活躍できるのではないか、と思います。すでに昨年の時点で多くの人が感じていたでしょうが、一時期よりも白鵬関と他の力士との力の差が縮まったように思われ、今後は一時期のように白鵬関が独走することはもうないかもしれません。

 先場所優勝し、横綱昇進のかかっていた把瑠都関は、終盤に崩れて勝敗で場所を終え、横綱昇進は一からの出直しになりました。把瑠都関の相撲は相変わらず力強いのですが、器用さというか相撲の上手さが欠けているという欠点は相変わらずで、そこが脆さとなっています。把瑠都関が横綱に昇進するには、日馬富士関ほどではないにしても、相撲の上手さを身に着ける必要があるでしょう。琴欧洲関は8勝7敗と今場所も不振で、相変わらず苦手の力士を意識しすぎるなど、精神面が課題になっています。来場所はまた大関が一人増えますので、埋没しないよう、存在感を示してもらいたいものです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック