大相撲初場所12日目

 全勝の把瑠都関が立ち合いの変化で2敗の稀勢の里関を破り、1敗の白鵬関が日馬富士関に立ち合いの変化で敗れ、注目の取り組みがいずれも立ち合いの変化で決まってしまうという、なんとも締まりのない12日目でした。昨日、国技館まで足を運んだ観客の多くにとっては、何とも不満の残る結果となったことでしょう。12日目で星2つの差となると、さすがに逆転は難しそうで、把瑠都関の初優勝の可能性が高まりました。ただ、こうした状況で把瑠都関への重圧はかなりのものでしょうし、今場所の把瑠都関には圧倒的な強さとともに時として脆さも見られますので、すんなりと優勝は決まらないかもしれません。

 白鵬関にとっては苦しい展開となりましたが、鶴竜関にはこれまでも苦戦したことがありましたし、今場所は鶴竜関がひじょうに上手くとったという感じで、日馬富士関との取組はまあ時としてこのように負けるのは仕方のないところかな、とも思いますので、とくに衰えは感じません。ただ、全体的に一時期よりも白鵬関と他の力士との差が縮まっているように思います。さすがに幕内上位の他の力士も、白鵬関を熱心に研究しているということなのでしょう。珍しく白鵬関が苦戦する展開となり、その意味では新鮮さのある場所とも言えます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック