AMDが人員削減を発表

 AMDが、人員を1割削減するなどといった立て直しの方針を発表した、と報道されました。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111104_488639.html

 AMDはかなり深刻な経営状態にあるのかもしれません。やはり、32nmの新製造プロセスのAPUの歩留まりが予定していたよりも悪く、充分な数を供給できていないことと、Bulldozerアーキテクチャでの大失敗が響いているのでしょう。AMDは今後しばらく、Bulldozerアーキテクチャの延長線上でCPUを開発しなければならず、前途多難といったところです。IntelのCPUの価格にも影響してくるので、AMDには魅力的なCPUを開発してもらいたいものです。Bulldozerは新アーキテクチャだけに、伸び代があるのではないか、と願ってはいるのですが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック