大相撲初場所11日目

 10日目が終わった時点で白鵬関が全勝で、二番手が2敗だったので、今場所も白鵬関が独走して優勝するのかと思っていたところ、結びの一番で白鵬関が稀勢の里関に押し出しで敗れるという大波乱があり、二番手との星の差が一つとなりました。もちろん、これで白鵬関の優位が崩れたわけではありませんが、これで少しは盛り上がるのではないか、と思います。琴欧洲関は、危ない相撲が多く、取りこぼしもあるのですが、まだ2敗なので、白鵬関と対戦するまではなんとか2敗を維持してもらいたいものです。

 稀勢の里関は先場所白鵬関の連勝を63で止めており、今場所も稀勢の里関と白鵬関との対戦に注目していた人は多かったでしょう。先場所連勝を止められているだけに、白鵬関に油断があったとは思わないのですが、白鵬関はまったくいいところなく負けてしまいました。白鵬関が稀勢の里関を意識し過ぎたというところはあるかもしれませんが、それにしても見事な勝利で、ここは稀勢の里関を賞賛すべきでしょう。白鵬関は稀勢の里関を苦手にしつつあり、来場所の稀勢の里関戦は、白鵬関にとってひじょうに重要だと言えるでしょう。稀勢の里関はここまで4敗で、今場所も期待を裏切ったと言われていたのですが、この勝利を大関昇進への足掛かりとしてもらいたいものです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック