大河ドラマ『龍馬伝』第18回「海軍を作ろう!」

 前回に続いて今回も見所が多く、かなり出来がよかったのではないか、と思います。本筋では、龍馬とその周囲の熱い雰囲気がよく伝わる脚本・演出になっており、青春劇として楽しめる内容になっています。勝海舟は、どうも金八先生色が強いように見えるのですが、そうした先入観なく見れば、なかなかの好演だと思います。今回新たに登場した、勝塾の塾頭である佐藤与之助役の有薗芳記氏は、大河ドラマでは『風林火山』に続いての好演で、今後も登場してもらいたいものです。

 半平太と容堂の関係も面白く、容堂は期待通りの怪演で、今後、半平太をさらに追い詰めていく過程で、どのような演技を見せてくれるのか、たいへん楽しみです。半平太が、得意の絶頂からしだいに孤立して転落していく過程も見応えがありますが、今回の半平太は以前の情けない姿が再び描かれ、おそらくはその死までこうした描写が続くのかと思うと、やや憂鬱になります。以蔵の心理も相変わらず丁寧に描かれており、こちらも今後の展開を考えると憂鬱になります。第2部になってからというもの、かなり出来のよい回が続いており、次回も楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック