大相撲夏場所初日

 これから2週間、たいへん楽しみです。両横綱のうち朝青龍関は危うく負けそうでしたが、動き自体はなかなかよかったと思います。強引に吊り落としにいこうとしたのが苦戦の要因でしたが、そうした点も含めて、朝青龍関にはやはり華があるな、と改めて思ったものです。朝青龍関は一部の横綱審議委員や相撲に詳しいとされる漫画家などから攻撃されていますが、そうした連中を不愉快にさせるような活躍を今後も期待しています。白鵬関のほうは磐石の相撲で、どこまで連勝を続けるか、楽しみです。

 今場所直前に婚約が報道された琴欧洲関は、豪栄道関相手によいところなく引き落としで敗れてしまいました。立会いで迷っているように見えたので、嫌な予感がしたのですが、残念ながら的中してしまいました。昨年の優勝から1年が経過し、期待外れの成績が続いていますが、今場所はなんとか優勝争いに絡んでほしいと思っていたところ、初日からこの惨状で、今場所も期待できなさそうです。なんとか立て直してもらいたいものですが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック