大阪杯結果

 阪神では大阪杯が行なわれ、ディープスカイ・マツリダゴッホ・カワカミプリンセス・ドリームジャーニーなどが出走してきて、なかなか豪華な出走馬構成となりました。大阪杯は、毎日王冠や阪神大賞典などとともに、GIIとしてはきわめて水準の高いレースになることがよくあるのですが、今年も豪華な出走馬構成になったのは何よりでした。

 レースは、ヴィクトリーが後続を離してレースが進み、ヴィクトリーが後続につかまった後は、ドリームジャーニーとディープスカイとの競り合いとなったのですが、わずかにドリームジャーニーがディープスカイをかわして勝ちました。2kg差があり、久々だったとはいえ、今年の主役になるべきディープスカイがドリームジャーニーに競り負けてしまったとは、なんとも残念です。どうも、今年の古馬戦線は混戦模様のようです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック