『日本中世の歴史』全7巻

 来月より、吉川弘文館から『日本中世の歴史』全7巻の刊行が始まります。
http://www.yoshikawa-k.co.jp/tyusei1.htm

 各巻の執筆者から判断するとかなり期待できそうで、今からたいへん楽しみです。「近年の〈通史〉とは異なり、歴史の基本となる政治の動向を中心に、最新の成果を取り入れ、わかりやすく解説した本格的通史」との特色はかなり挑発的なところもあり、近年の一般向け通史の在り様に疑問を抱いている読者は少なくない、との判断のもとに執筆方針が決められているのかもしれません。はたしてどんな内容になるのか、注目しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 堀新『日本中世の歴史7 天下統一から鎖国へ』

    Excerpt: 吉川弘文館より2009年12月に刊行されました。織田信長の台頭から「鎖国の完成」という、現代日本では一般にも大きな関心をもたれている時代が扱われており、おそらく、この『日本中世の歴史』全7巻のなかで、.. Weblog: 雑記帳 racked: 2010-02-14 06:29