ドラマ8『Q.E.D. 証明終了』第6回「賢者の遺産」

 昨日放送分の感想です。予告を見た段階で、SF的な話であることは分かっていたのですが、創作物語である以上、非現実的なところもあって当然であり、話の展開・構成が不自然ではなく、面白ければそれでよいのだと思います。その意味で今回は、話としてはなかなか上手くまとめられており、SF的な設定を有効に活かせていたように思われるので、よかったかな、と思います。

 このドラマは基本的には1話完結なのですが、今回、可奈が燈馬への想いを打ち明ける場面もあり、今後、2人の関係がどのように描かれるのか、脚本を楽しみにしています。可奈役の高橋愛さんは、今回は微妙な心情をなかなか上手く表現できていたように思います。高橋さんの演技にはまだ不満点も少なからずあるのですが、演技面ではなかなか良いものを持っているのではないか、と思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック