ドラマ8『Q.E.D. 証明終了』第4回「ブレイク・スルー」

 昨日放送分の感想です。謎めいた燈馬の過去と燈馬をめぐる人間模様が描かれ、話としてはかなり面白かったのですが、演じる側が脚本の水準についていけていなかったかな、というのが正直な感想です。このドラマは基本的には1話完結のようですが、過去の話題を上手く取り込んでいるあたりは、さすがに藤本氏の脚本だなあ、という感じです。

 今回、燈馬がかなり心を開き、可奈と燈馬との距離がかなり接近した感がありますが、今後、この設定がどのように活かされるのか、楽しみです。次回は、予告を見たかぎりでは本格的なサスペンスといった感じで、謎解きの面で注目しています。全体的にもうちょっと演技がよくなれば、とは思うのですが、総合的にはなかなか面白い出来になっていると思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック