ガーネットステークス・シンザン記念結果

 中山ではガーネットステークスが行なわれ、逃げたタイセイアトムがそのまま押し切って完勝しました。楽に逃げられたということもありますが、なかなか強い勝ち方でした。ただ、楽に逃げられないときはこうも上手くはいかないでしょう。父サクラバクシンオー・母父ヘクタープロテクターなので、距離が延びてよいわけではないでしょうが、ダートの短距離路線では今後も活躍できそうです。

 京都ではシンザン記念が行なわれ、外を回った1番人気のドリームシグナルが豪快に差しきって圧勝しました。道中は、ちょっと反応が悪いのかなと思っていたのですが、現時点ではこのなかで能力が抜けているということなのでしょう。1600~2000mくらいがよさそうですが、2400mくらいまではこなしそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック