札幌2歳ステークス・シリウスステークス結果、スプリンターズステークス予想

 札幌では札幌2歳ステークスが行なわれ、遅い流れのなか、最後方につけたオリエンタルロックが3~4角で外を回って進出し、サブジェクトを半馬身おさえて勝ちました。オリエンタルロックは道中1頭だけおかれているといった感じで、重賞ではついていくだけの能力がないのかと思っていたのですが、能力の高い馬なのでしょう。オリエンタルロックはマンハッタンカフェ産駒ですので、日本ダービーや菊花賞での好走が期待できそうです。ただ、オリエンタルロックは器用な馬ではなさそうなので、連戦連勝というわけにはいかないでしょう。

 阪神ではシリウスステークスが行なわれ、昨年のジャパンカップダートの覇者アロンダイトが久々に出走してきたので注目していたのですが、アロンダイトは早めに動いたものの直線で伸びきれず、4着に終わりました。アロンダイトは追い切りでの動きがあまりよくなく、まだ本調子ではなかったということなのでしょうが、まずまずのレースと言うべきで、JBCクラシックやジャパンカップダートでは期待できそうです。勝ったのは、条件戦を勝ち上がってきた1番人気の3歳馬ドラゴンファイヤーで、ブライアンズタイム産駒ですし、さらに強い相手と戦っても力負けしない可能性もあるでしょう。同じ3歳馬のフリオーソとの対戦が楽しみです。今年の秋のダート路線は有力馬がそろいそうで、たいへん楽しみです。

 明日は中山でスプリンターズステークスが行なわれます。低迷の続く日本の芝短距離路線ですが、このレースで有力馬が強い勝ち方をしてくれるのを期待しています。実績馬と夏場の短距離重賞を使ってきた馬のどちらを重視するか、悩むところですが、使ってきた強みということで、後者を重視します。本命は前哨戦のセントウルステークスを圧勝したサンアディユで、相手は強く成りますが、勢いに乗ってここでも圧勝しても不思議ではないでしょう。キングストレイルは短距離での実績がありませんが、父サンデーサイレンス・母父ノーザンテーストの組み合わせは短距離で実績があり、一気にGIを勝っても不思議ではないでしょう。

 クーヴェルチュールはアイビスサマーダッシュでサンアディユと差のない競馬をし、キーンランドカップを勝って勢いに乗っています。3歳馬だけに上昇度は侮れず、サンアディユを逆転しても不思議ではないでしょう。実績馬では、スズカフェニックスが人気になるでしょうが、久々のメイショウボーラーや桜花賞以降振るわないアストンマーチャンも侮れません。混戦模様だけに悩むところですが、印は以下の通りです。
◎サンアディユ、○キングストレイル、▲クーヴェルチュール、△スズカフェニックス、△メイショウボーラー、△アストンマーチャン

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック