大河ドラマ『風林火山』第35回「姫の戦い」

 昨日放送分の感想です。晴信が新しい側室(於琴姫)を迎えることになり、そのことをめぐって三条夫人・由布姫も交えて女性の戦いが繰り広げられます。正直なところ、これまで由布姫の目立つ回はあまり面白くなかったので、今回も不安だったのですが、脚本自体はかなりよい出来だったように思います。ただ、表情も含めて演技の問題もあってか、由布姫の登場場面はやはりもう一つといった感じで、確かに由布姫役の方の演技は最初のころよりよくなっていますが、総合的に判断するとミスキャストだったと思います。

 次回は、小山田と美瑠姫がじゅうような役割をになうようで、女は子供のためなら何をするか分からない、との小山田の今回の発言は、前夫との子供を宿していることを隠して小山田の側室となった美瑠姫を指しているとともに、次回の伏線でもあるのでしょう。次回は今川も登場しますし、なかなか期待できそうです。

この記事へのコメント

ヤス
2007年09月05日 05:26
私も由布姫メインの回は盛り上がらないのですが…あの女優さんの演技力のせいなんでしょうかね???原作にそったストーリーでしたら仕方が無いんですね。
2007年09月05日 22:06
私の場合は、勘助がなぜ由布姫にあそこまで尽くすのか、脚本と演出で一応説明されたとはいえ、どうも納得できないところがあるので、由布姫が目立つ場面がつまらないと感じています。

勘助のミツと晴信への想いは分かりやすかったのですが、由布姫への想いはどうもよく分かりません。
tsukasa
2007年09月06日 21:55
うーん、人の感じかたっていろいろですね。
私はこの由布姫大好きですが…。 従って由布姫登場の回は、
大盛り上がりです。 家族そろってね。
あの硬質なところが気に入ってます。
2007年09月07日 00:07
多分、好き嫌いの分かれる役なんでしょうね、由布姫は。

どうも私は、最初から好感が持てないままでいます。

この記事へのトラックバック

  • 風林火山 35話

    Excerpt: 今回は予想通りのお話でしたので、手短に… Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・ racked: 2007-09-05 05:26