大河ドラマ『風林火山』第21回「消えた姫」

 昨日放送分の感想です。由布姫の差し出した甘酒を飲もうとした三条夫人ですが、侍女が慌てて毒見をします。うーん、これでは19年前の大河ドラマのパクリではありませんか・・・。由布姫を遠ざけるよう進言する重臣たちに配慮した晴信の命により、由布姫は甲斐から諏訪へ移されますが、新居への護送中に由布姫は逃亡し、勘助は慌てて捜索します。由布姫を見つけた勘助は、由布姫の晴信への強い想いを知り、晴信の命通りに諏訪へ戻り、晴信が訪れるのを待つよう由布姫を諭します。けっきょく晴信は由布姫を訪ね、二人の絆は強くなったようです。

 今回は大きな動きがなく、人間心理の面でも新たな解釈が描かれたというわけでもないので、正直なところ、これまでの放送分の中でもっともつまらなかったのですが、次回は久々に今川と北条が登場し、情勢が大きく動くようなので、楽しみです。とくに今川氏の主要人物は全員キャラが立っているので、それぞれどのような動きを見せるのか、注目です。

この記事へのコメント

スペードのA
2007年05月29日 00:15
劉公嗣さん、こんにちは。
次回から久しぶりに今川・北条が登場しますね。
三国鼎立に村上や上杉なども加わればますます面白くなっていくと思います。
2007年05月30日 00:02
スペードのAさん、コメントありがとうございました。
上杉(長尾)の登場も間もなくとのことで、不安も
ありますが、楽しみでもあります。

この記事へのトラックバック

  • 風林火山~第21話・恋は盲目!

    Excerpt: 風林火山ですが、三条と由布姫の甘酒対決は意外な結果で幕を閉じます。毒入ってますよという顔は単なるブラフで、要は三条の偽善の仮面を剥がしたかっただけのようです。三条は、由布姫を信じアッサリ飲もうとします.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-05-28 16:55