大河ドラマ『風林火山』第19回「呪いの笛」

 昨日放送分の感想です。由布姫が晴信の側室として迎えられ、晴信と心を通わせるところまでが描かれました。由布姫・晴信・勘助・三条夫人の思惑や心理状況が中心に描かれ、派手な動きはありませんでしたが、こういう回があってもよいとは思います。次回はいよいよ序盤の強敵である村上義清が登場しますが、どのような人物として描かれるのか、楽しみです。

この記事へのコメント

スペードのA
2007年05月15日 15:48
劉公嗣さん、こんにちは。
村上義清は名前はよく聞くのですが、詳しくは知らないので次回も楽しみです。最近は出演者の数も少ないのですが、今後は新しいキャラもいろいろ出て来そうな気はします。
2007年05月16日 07:08
スペードのAさん、コメントありがとうございました。
そういえば、最近は出演者が少なく、そのためか、
以前は連名だった信繁も単独表示になっていました。
役者の格もあるのでしょうが、信繁はわりと重要人物
なので、ずっと単独表示でもよいかな、とも思います。

この記事へのトラックバック

  • 風林火山~第19話・山本勘助の受難!

    Excerpt: 風林火山ですが、由布姫(柴本幸)はかなりの重要人物のようで、最近由布姫中心の回ばかりのような気はしますが、今回は武田晴信(市川亀治郎)も大活躍です。まずは、自分の作った和歌が本当に下手なのかどうかで、.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-05-14 23:15
  • 阪神タイガース 風林火山の孫氏の兵法を 

    Excerpt: 阪神タイガース 阪神半疑 あの強いタイガースはなんだったのかずーとBクラスを見続けてきた、熟年世代の私には、ああ元に戻ったのかの気持ちが強い星野監督で18年ぶりの優勝、負け犬根性から抜け出した阪神タイ.. Weblog: 阪神タイガース 風林火山の孫氏の兵法を  racked: 2007-06-12 02:18