歴史の真実

 現生人類の頭脳はすべてのことを把握できるわけではなく、現生人類が「歴史の真実」にたどりつくのは無理なのでしょう。だからといって、どんな歴史でも容認されるわけではなく、根拠をあげてより説得力のある歴史像を提示しなければいけないわけです。もっとも、「歴史の真実」にたどりつくのは不可能だとしても、それに近づくことは可能ということもできるでしょう。

 しかしおそらく、そのようにしてたどりついた「歴史の真実(にできるだけ近づいたもの)」は、ほとんどの人にとって不快なものであり、国家権力にとっては都合の悪いものとなるでしょう。歴史の共通認識・成熟した歴史認識の共有などと言っている人は、「歴史の真実」のもつ恐ろしさをもっと認識すべきだと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック