毎日王冠と京都大賞典結果

 どちらも有力馬が出走してきたので、楽しみにしていたのですが、毎日王冠は、ダイワメジャーがダンスインザムードを競り落として勝ち、GI馬二頭の決着となりました。両馬とも天皇賞(秋)に向かうのでしょうが、ハーツクライもディープインパクトも出走しないとなると、この二頭が1・2番人気ということになりそうです。
 3着は7歳馬のローエングリンで、3歳時からずっと一線級で活躍しているのは大したものですが、残念ながらもうGI勝ちは難しいでしょう。4着は3歳馬のマルカシェンクで、故障による休養を経験していますが、まずまずの走りで、素質馬と期待されていただけに、これを機に何とかGIでも好勝負を、と期待しています。

 京都大賞典はたいへん遅い流れとなりましたが、故障休養明けのスイープトウショウが中段から内を突いて差しきって勝ちました。道中内に入って、直線で抜け出せるかな、と思ったのですが、何といっても、ゼンノロブロイやハーツクライを相手に宝塚記念を勝っただけあって、さすがにこの出走馬の中では実力上位だったのでしょう。天皇賞(秋)でも楽しみです。
 2着には7歳馬のファストタテヤマが入り、7歳世代の層の厚さには、本当に感心させられます。3着にはトウショウナイトが入り、遅い流れの上がり勝負にはあまり向いていないと思うのですが、健闘したと思います。
 ローゼンクロイツ・インティライミという、ディープインパクトに次ぐクラスの4歳馬が出走してきたのですが、ひじょうに楽に逃げたローゼンクロイツが4着に入るのが精一杯で、7歳世代の強さと4歳世代の弱さが、改めて明確に示された結果になったと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック