サミット閉幕

 初のロシア開催となったサミットが閉幕しました。日本にとって最大の関心事といえる北朝鮮によるミサイル発射については、国連安保理の北朝鮮非難決議を支持する、と議長総括に明記されました。
 また北朝鮮にたいしては、ミサイル発射凍結の再確認、すべての核兵器と既存の核計画の放棄、6者協議への無条件復帰、2005年9月の6者協議の共同声明の履行、拉致問題の早期解決など人道上の問題の対応なども要求されました。
 この他、エネルギー問題(今回のサミットの主題はこちらといえるでしょう)、イスラエル・レバノン情勢なども話し合われましたが、冷戦が崩壊して20年近くなり、サミットの役割や意義も本格的に問い直される時期になったのかな、とも思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック